「ソープオペラ」と「メロドラマ」とはどんな意味?気になったので調べてみた。

たまに目にする「ソープオペラ」と「メロドラマ」という言葉。

石鹸オペラ? メロメロなドラマ? ちょっと気になったので調べてみました。

「ソープオペラ(Soap Opera)」とはどんな意味?

「ソープオペラ(Soap Opera)」とは、お昼の時間帯にテレビでやっている連続ドラマのこと。

特に、恋愛や家族などをテーマにした、一般受けするような連続ドラマを指す言葉だそうだ。日本語では、よく「昼ドラ」と訳される。

言葉の発祥はアメリカで、この時間帯のドラマ番組のスポンサーに、P&Gなどの石鹸会社がつくことが多かったため、そう呼ばれるようになったのだそうだ。

この時間帯にテレビを見るのが主婦層だから、おそらく石鹸会社のスポンサーがつくのだろう。日本でも花王やライオンなどは、お昼にCMが多いもんね。

ちなみにもうご承知の通り、「ソープ(Soap)」とは石鹸、「オペラ(Opera)」とは文字通りオペラ(歌劇)のことで、両者をくっつけて一つの言葉になったもの。

意味としては、日本の昼ドラと同じだと考えて良さそう。ただ、日本で「昼ドラ」と言うと「ドロドロした愛憎劇」という意味を特に想起する人も多いけど、そういう意味の偏りはなさそうな感じかな。

ちなみに、「昼メロ」と訳されることもある。「メロ」とは「メロドラマ」のことで、これは次でお話しします。

「メロドラマ(melodrama)」とはどんな意味?

「メロドラマ(melodrama)」とは、Wikipediaで調べると、以下のように書いてある。

メロドラマ(melodrama)とは、扇情的かつ情緒的風合いの濃厚な、ドラマや文学の形式。(Wikipedia

これだけ読むと、何だかぱっと頭に入ってこないこないけど、要するに「衝撃の展開」が待っているようなドラマのこと。

特に、恋愛を描くもの、感傷的なもの、一般受けするもの(通俗的なもの)を示すことが多いとのことです。

語源はギリシャ語で「歌」を意味する「メロス」だそうで、歴史は意外と古く、19世紀頃のヨーロッパやアメリカで流行していた上記のような演劇のスタイルのことを指すのだそうな。

ということで、れっきとした外国語。日本語で「メロメロになっちゃうドラマ」の短縮形ではないということね。

「昼メロ」とは「昼ドラ」のことで「ソープオペラ」のこと

ちなみにもうお解りかと思うけど、さっき触れた「昼メロ」とは「昼時間帯のメロドラマ」のこと。

「メロドラマ」とは今述べたように、衝撃の展開があったりする恋愛を描いた俗っぽいドラマのことで、それをお昼にやると「昼メロ」や「昼ドラ」と呼ばれるわけね。

そんでそんで、「昼ドラ」や「昼メロ」は英語で言うところの「ソープオペラ」となります。

何となく、わかりましたか? それでは今回はこの辺で。

関連記事

「では、ねぎまになってきます。」ある焼き鳥店の切なすぎるポスター。

借入・クレジットカード審査のブラックリストは実在する?

胸焼けするのは、パイナップルを食べたせい?原因とか色々と調べてみた。

メールなどで「有り難う御座います」と書く人。ちょっとだけ注意させてほしい。

「こんにちは」と「こんにちわ」正しいのはどっち?日本語は正しく使いましょう。