Windowsのプリントスクリーンと同じ機能がMacにもある。むしろMacの方が多機能。

WindowsのPCにはプリントスクリーンという便利な機能があることはご存知だろう。

デスクトップに表示されている内容を、そのままボタン一つでスクリーンショット(キャプチャ)してくれる、なかなか使い勝手の良い機能だ。

仕事用のPCで、資料作成などで多用する人は多いだろう。

では、macではどうだろうか?

macの標準機能として、このプリントスクリーンと同じ機能があることは以外と知られていない。

そこでここでは、Windowsのプリントスクリーンと同じようなmacの機能をご紹介する。

Windowsのプリントスクリーンと同じmacの機能

「shift + command (⌘) + 3」キー

「shift + command (⌘) + 3」キー

ディスプレイに表示されている画面全体をスクリーンショットするショートカットキー。

Windowsで言うところのプリントスクリーンをmacでするならこのコマンド。

macにはWindowsのように専用のボタンはなく、複数のボタンを組み合わせたショートカットキーとなる。

キーボードの「shift 」と「command (⌘) 」 と「3」キーを同時に押下することで、デスクトップに表示されている内容(画面全体)を撮影することができる。

macOSの標準機能であるショートカットキーのため、特にアプリなどのインストールが不要。

撮影した画像は、デスクトップにpng形式で自動的に保管される。

その際の画像サイズはPCのディスプレイの縦横と同じ。

動画など、動いているものでも、ショートカットキーを押した瞬間の状態をスクリーンショットできる。

「shift + command + 4」キー

「shift + command + 4」キー

画面の中で、選択した任意の部分だけをスクリーンショットするショートカットキー。

加えてご紹介したいのがこの機能。macならではの便利な機能だ。

ディスプレイに表示されている内容から、自分で選択した範囲だけを切り取ってスクリーンショットできる。

手順はこうだ。

まず、①「shift + command + 4」キーを押下する。

すると、マウスポインタが十字型に変化する。

②そのままの状態で、キャプチャを撮りたい部分を囲うようにドラックをする。

③ドラッグした手を離すと、描いた範囲が撮影され、先ほどと同じように、デスクトップにpng形式で自動的に保管される。

ドラッグ中にうまく範囲が設定できなかった場合は、マウスやトラックパッドのボタンから手を離す前に、「escape (esc)」キーを押下するとやり直しができる。

その他のスクリーンショット方法

実は他にも、「ウィンドウのスクリーンショットを撮る方法」や、「メニューのスクリーンショットを撮る方法」、「Touch Bar のスクリーンショットを撮る方法」など、様々な方法がある。

おそらく大抵の人にとっては使用機会が少ない機能だと考えられるため、ここでの説明は割愛したい。

気になる方は、以下の公式のヘルプページを見ていただくと良いだろう。

おわりに

うまくキャプチャが取れることで、パワーポイントの資料作成などの出来栄えを良くすることができる。

パワーポイントの資料に画像を入れる時は、画像サイズの圧縮も忘れずに。

関連記事

【詳細手順】Amazonアソシエイトに登録サイトを追加・削除・変更する方法