「こんにちは」と「こんにちわ」正しいのはどっち?日本語は正しく使いましょう。

「こんにちは」と「こんにちわ」。どちらが正しいのだろう?

そんな疑問を持ったことがある方もいるだろう。確かに、メールなどではどちらも見かけるかもしれない。

結論から言うと、日本語として正しいのは「こんにちは」

それでも「こんにちわ」と書く人、時々見かけるよねって、今回はそんな話。

正しいのは「こんにちは」

繰り返すけれど、日本語として正しいのは、「こんにちは」の方。

もともと語源は「今日は」から来ていて、「は」は助詞。つまり、「は」は「わ」と読むけれど、あくまで文章に書くときは「こんにちは」と書く。

本来は、

今日は良いお天気ですね。

今日はお勤めご苦労さまです。

などの挨拶だったが、省略され「今日は」だけが残ったのだとか。

ちなみに、「こんばんは」と「こんばんわ」なら、もちろん正しいのは「こんばんは」

同じ理屈で、「こんばんは」は「今晩は」が語源で、省略形。「は」は助詞なのだそうだ。

友達同士なら何でもありだけどね

とはいえ、友達同士なら何でもありと言えばあり。

例えば女の子同士のメールで、「私は」を「私わ」と書いたり、「彼氏とぉ遊びにぃったよ」みたいに、日本語をあえて崩して文章書くような人たちもいるよね。

彼女たちの間ではそういう言葉は間違いではなくて、むしろ自身のオリジナリティある言葉を使うこと自体が自意識になっているのかもしれない。

まあ、僕はこういう文章は嫌いだけどね。(バッサリ)

つまり何が言いたいかというと、仕事のメールとか、ちゃんとした関係の相手に書くときには、正しく「こんにちは」で書きましょうということ。

文章にも第一印象がある

以前にも記事に書いたけど、文章を正しく書けるかどうかで、相手の印象はだいぶ違うと思う。

初めて会った人に第一印象というものがあるように、初めてその人の文章を読んだ時にも、受け取る印象は少なからずあるよね。

メールなどで「ありがとうございます」書くときに、わざわざ漢字変換して「有り難う御座います」と書く人がいる。…

正しい文章、綺麗な文章が書ける人は、相手にしっかり者の印象を持たれやすいし、メールなどが多少長文になっても、言いたいことをしっかり伝えることができるもの。これは大切なスキルです。

だいぶ話は逸れてしまったけど、要するに日本語は正しく使いましょう、ということです。

それでは、今回はこの辺で。

関連記事

借入・クレジットカード審査のブラックリストは実在する?

胸焼けするのは、パイナップルを食べたせい?原因とか色々と調べてみた。

メールなどで「有り難う御座います」と書く人。ちょっとだけ注意させてほしい。

「ソープオペラ」と「メロドラマ」とはどんな意味?気になったので調べてみた。

「では、ねぎまになってきます。」ある焼き鳥店の切なすぎるポスター。